スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2013.03.02 Saturday
- -
育児漫画


育児漫画にはまっています。
漫画にすると、育児ってずいぶん面白いんだなあ 笑

うちの子はいま0歳ですが
まだまだ、難関が待ち受けているのだと、ちょっとナーバスになりかけつつ
でも乗り切っていく毎日が虹色なんだよ〜という明るい励ましをもらったみたいで
奮闘しつつも、メイクもできないし、部屋が散らかっても
いつかあのころは虹色の毎日だった、となるのかと。

毎日どんどん成長して
いつの間にか「たた(パパ)」「まんま」と言える様になったわが子。
成長はうれしいけれど、ほんと、もうちょっとゆっくりでもいいよ〜と
機嫌のいいときは思いつつ

今朝、パソコンのキーボードをぶっ壊したわが子。
頼もしい、その怪力!!



2012.07.22 Sunday 15:23
book comments(0)
悪人
 妊娠期間中、かなり図書館を有効活用し、お世話になりました。
家の近くにふたつあるのです。便利です。経済的だし。妊娠用本から、小説、暮らし本などいろいろと読みました。読みたい、と思ったものを探してみると、たいていあるので、予約もたくさんしました。本当に、ありがたや。

今年はいちおう100冊くらい読もう、とか年始に決めていたんですけど、結局どうなのかな??

さて待ちに待った小説「悪人」です。映画になったときから、気になっていました。
うっ、ひさびさに分厚いっ!!

読む前に知人に「つまらなかった」ときいてしまったのですが、いちおう長らく予約をして待ったので、読みました。

つまらなくはなかったです。
話の展開がはやくて、先が気になってどんどん読める感じでした。退屈ではなかったというか。
やっぱり映画の妻夫木くんと深津ちゃんを想像してみたりもしましたが、
いまいち深津ちゃんだと大人すぎかな??
妻夫木くん、それで金髪なんだ〜とか、どうでもいいところに感動しつつ笑

ラストの感じも、「あ〜うんうん」と。笑 なんか、そういうことだったのよね、そう。説明すると話がわかってしまうのであれなんですけど、うん、ミステリー兼恋愛小説やね。

読みたい本はたくさんあるけど、買えないので、実家にいる間は本は実家のほうで借りようかなと思っています。
面白い本と映画があれば、なんか生きていけるって思うときがあります。極端かな?
でも本、映画っていいですよねえ。
いまさらながら、ハリポタを最初から観てみようかなとか思っています。最終回を迎えるからって!!


今日は旦那さんと「もやもやさまあ〜ず2」のDVDでも見ます 笑 どいひ〜〜

2011.07.13 Wednesday 09:19
book comments(0)
あれま
 胃腸炎が治ったと思ったら、また風邪です。
 旦那さんののど風邪をいただいたみたいで。
 痛い。まったくも〜〜。
 胃腸炎が貧血と、発熱とを併発していたのでさすがに健康に気をつけなきゃっ!と
 健康な食事づくりなど、はりきっていたところだったのに・・・
 でもここ3日くらいだけど・・・。まだ先ですね、効果が出るのは。

 昨日ふらふらしていたら、本屋にすいこまれて、ひさびさに新しい本を買ってしまった。

 
 小さいな、画像。 すいません。

 あら〜〜やってしまったのね。
 暮らしの手帖社の「暮らしを美しくするコツ」。
 重曹やクエン酸をもっときわめんと思ったのですけど。

 お風呂のカビとりが重曹でできちゃうとは!
 こりゃ〜びっくり。手袋をしたほうが、いいとは思うが。
 歯ブラシにつけておふろのふたのかびをごしごししたら、さくっときれいになりました。ま〜嬉しい☆

 あいかわらず暮らしの手帖はすごいな。
 トイレ掃除は毎日!とか。
 うううう〜〜ん 習慣になってしまえば大丈夫だろうが。なるまで結構・・・
 汚い場所にこそ神様が宿るんだってね!トイレには〜〜〜♪
 毎日トイレ掃除している人は心キレイに違いないよ。でもあたしはもう、手一杯です。

 ともあれ風邪・・二種類を3日あけてひいたのは、たぶん初めてです。
 免疫が下がっていたのでしょうか??なぞ。

 
  

2011.06.11 Saturday 10:49
book comments(0)
玄米・豆・ごまをおいしく食べる本
 
「玄米・豆・ごまをおいしく食べる本」

これは良かった。すぐに、大豆とごま、玄米を買いに走ってしまった!!
玄米とか、いつも失敗してしまっていたけど、「失敗はつきものなのでめげずにトライ!」とのことなので、玄米ユーザーに話などききつつ、ふたたびトライしてみました。ちょっとずつ白米に混ぜています。
中に乗っているレシピも、すぐに手軽にチャレンジできそうなものばっかり。
これはいい。図書館で借りたんですが、買いかな?!と思っています。

どれも、とっても体にいい食材なんですね。
とくに妊娠期間の今は、「大豆」がいいらしく。納豆食べてます。

飯島奈美さん的「おいしい定番」に、「ヘルシーな惣菜」をプラスして、(飯島さんの本が決してヘルシーではないとは言ってません。切り干し大根とか、そういうのもあったし。)自分なりに最強メニューを作っています。

あ、飯島さんの本で「切り干し大根」「ひじきの煮物」の作り方を読んだんですが、
ついにんじんって入れちゃうでしょ。
これが、「にんじん」とか野菜を入れると、日持ちが悪くなってしまうんですって。
これは知らなかった。さっそくにんじん抜きで、作ってみたのでした。

こういう、おばあちゃん食みたいなのが旦那さんは嫌いだと思っていたんですが
先日実家に帰って母親が出した切り干し大根や、お豆をぱくぱくと食べていたので
案外食べるんだと発見。
「質より量」というのが旦那さんの好みで。内容より、ちょこちょこたくさんの量を食べたいんだそうで。
じゃ、健康料理をたくさん食べて、健康になっておくれよ。



2011.06.10 Friday 08:55
book comments(0)
「いい夫婦」になるいたってシンプルな30のヒント
 「いい夫婦」になるいたってシンプルな30のヒント


これは結構、もう「離婚するわ〜〜!!!」って人向けみたいなんですが、
でも勉強になります。

せっかく結婚したんだから、やっぱり仲良く、いい結婚生活にしたいわ♪
と単純に思うわたしは、いろいろと試行錯誤してきました。それはね。みなさんと同じように。

やみくもに喜んで欲しい!!と尽くしたり、
かわいいと思って欲しい!!とわがままになってみたり、
「ケンカするほど仲良し」ときいてケンカしてみたり?笑

でもま〜、同棲から4年のつきあいです。今の旦那とは。
だから、そうそうね、関係が一変する!!なんてことはないし、ま、いまのところ劇的なものは求めてもない。

この本を読んででも良かったのは、
「自分がびみょうだな〜とか思っている部分って、見方を変えればそうでもない」ってこと。

たとえば。うちの旦那さんはけっこう無口なときがあって。
でも、お笑い芸人みたいに面白い人がここにいたところで、毎日お笑い芸人といっしょにいて果たして、落ち着くのかしら??という。
旦那さんはそういう意味で、ケンカもほぼなく同棲生活を送ってこられたので、
今後も穏やかに暮らしていけるだろうと、言えなくもないんです。あ、のろけではないです。
ないものを求めるのではなく、あるものを。
これってすべての人間関係において大切にしたい思想ですね。

自分だって、いきなり安室ちゃんみたいなスーパーボディーになれ!!とか言われたら嫌だしね汗
お互いを受け入れ、相手らしさを大事にする。これが夫婦円満の秘訣でしょうか。







2011.06.09 Thursday 08:44
book comments(4)
LIFE なんでもない日おめでとう!のごはん
 LIFE なんでもない日おめでとう!のごはん。


この本の著者は、飯島奈美さんというフードスタイリストです。
あの「かもめ食堂」の食べ物のコーディネート全般をしたという。
かもめ食堂のごはん、おいしそうでしたね。というわけで、たまたま発見して、図書館で借りました。

わたしがこの人の本を好きなのは、ひとえに「おいしい」を追及しているというところです。
健康になるとか、節約できるとか、やせるとか、いろいろな種類の食事はあるにせよ、
やっぱり「おいしい」って最強じゃないかなって。

メニューは「カレー」「ミートソース」「てんぷら」「ロールキャベツ」などなどどれも定番と言えるオーソドックスなもの。
だけど、上手にできるとなれば自信にもなるし、きっと喜んでもらえる、そんな一品だと思います。

旦那さんが食事をよく残すので、困っていたとき、「かもめ食堂」を見て、おいしいものを出せばそれでいいんだよね。と思ったのを覚えています。

おいしいもの、好きなもの。だけど栄養は偏り過ぎないもの。

そういうものを好きな人と、ずっといっしょに食べられる、そんな時間を大事にしたいものですね。


2011.06.08 Wednesday 08:32
book comments(2)
暮らしのおへそ
  最近のはまりものとして暮らしのおへそという雑誌について先日書いた。
 「暮らしのおへそ」とはつまり、その人にしかない習慣行動のようなものをさすらしい。
 そこでわたしの暮らしのおへそ、とはなにかを考えてみた。

 とにかく飽きっぽいので、すぐにはまりものが変わるのだが、赤ちゃんができてからかかせなくなったおへそもある。
 毎日のおへそ。
 基本は三食は抜かないこと。
 天気予報とニュースを見ること(洗濯の予定が決まっているので)。
 毎日新しいメニューにチャレンジすること。
 風呂や洗顔、洗顔後の手入れ。
 赤ちゃんのためにも緑黄色野菜と鉄分をたっぷりとり、カルシウムを多めに。
 お部屋にそのへんでつんだ花を飾ること。
 インテリアは色をおさえて、いつも清潔に保つために掃除をきちんとすることなど。(特に重曹が最近すばらしいことに気がつき、さまざまに活用)
 読書。
 テレビ。眠いときは昼寝。
 まめなハンドクリームとリップクリーム。
 洋服は買いすぎず、大事に手入れして着る。めがねを洗う。
 窓辺の植物の世話。
 散歩。

 週にたまにやるおへそ。
 ガスレンジ、風呂や、水周りの掃除。
 ヨガ。
 映画鑑賞。
 ブログをかく。

 週いちのおへそ。
 ごちそうを食べる。
  
  


2011.04.11 Monday 12:59
book comments(0)
私の台所
 私の台所 沢村貞子著


わたしが図書館で借りて読んだ本は、「わたしの」が「私の」だったけど、新しい版かな。
これね〜、毎日ちょこちょこ一生懸命つつまし〜く家事に燃えていたときに読んだら、
も〜ぴたっと来ました。80歳くらいの方らしいのですけど、なんか文章がきれいで読みやすくて、女性らしくて、でもなよなよしてなくて、おちゃめな、等身大な・・・形容詞多い!でもすてきなのです。
日々ていねいに、なんてよくいいますが、も〜めんどくさいよ!とか、たまには違うこともやりたい!!って基本的なことをついついおろそかにして脱線していくわたし・・・。でも同じこととか繰り返していると、こころがいろんなことを考えますよね。あ〜今日もおんなじ、あたしこれでいいのかな?とか、世間はもっと楽しく派手に生きているのかな?とか、計画停電やっと終わりか、よかったけど、節約にはならないなあとか。
ずらしてはいけない部分とか、さぼってはいけないところとか、もっともっとちゃんとこまめに、やらないと・・・でも眠いや、だるいな、あとで、みたいなことがない人だろうなあ。
お茶碗のお話が印象的で、昔は男の人のお茶碗が大きくて、女の人のは小さかったけど、時代の移り変わりで、お茶碗も男女平等になったんだそうで、嬉しかった、というくだりとか。
あと献立日記、というのをつけ始めたら、献立に変化をつけようとか、栄養とか考えるようになって、その日記がもうずっととってあって、去年の今頃なにを食べたとか読むのだって。おもしろそ〜、とノートを開きかけました。
なんか大事にちょっとずつ読みたくって、まだ全然進みません。文庫が出ていたとは。買っちゃおうかな。







2011.04.11 Monday 07:44
book comments(0)
暮らしのヒント

わたしなんかは、結構本の影響を受けやすいたちなのだが、
この本は「おおお〜」の連続だった。

暮らしのヒント集。松浦弥太郎さんという方の著書。
「玄関はたわしで洗いましょう」「たたみは雑巾でふきましょう」「スポンジやふきんを日光に当てて
干しましょう」
なぞなぞ....一年に一回くらいしかやってな〜〜い汗 的なこともたくさん書いてありました。

なにせ時間もあるし、さっそくいろいろやってみました。けっこう気持ちが良いもんです。

「窓は一日一回開けましょう」とか「わかってる!でも寒いの!!」みたいな怠けごころを
びしっとしかられた気分でした。
そうかと思えば、無理をしない、素直でいる、このふたつをこころがければ人は十分
なんてやさしい言葉も。うんうん、ほんとね〜〜〜。

めずらしくお風呂に入った後、さっと洗い場を洗っていたら、
旦那さんがめずらしそうな顔をしていました。
よい妻っぽい??

けっこういろいろやりすぎると、疲れますけれどね。ふあ〜〜〜




2011.03.08 Tuesday 14:09
book comments(2)
貼って貼って。

いや〜、すごい雪でしたね。
関東。
夜外を見たら、クリスマスみたいでした。

別に禁止されていたわけじゃないけど
12週目に入り、運動を始めました。
「au フィットネス」の「マタニティストレッチ」を3ポーズほど。

ああ〜、いい気持ちでした。
右の腰がかなり痛い。
左の靱帯が妊娠で痛むので、無意識に右足体重になっていたんだと思います。
からだを動かすと、そういうことがわかって面白いです。

昨日は大好きな作家さん杉浦さやかさんの本が届いたので
さっそく今まで貯めていたチケットや、ショップカードを切り貼りして、スクラップブックを作りました。



杉浦さやか 「スクラップ帖の作り方」

「自由帳」にかわいいラッピング用紙などでかざりつけをし、
スクラップブックとして使う、というのを読んで
ずっと自由帳がうちに眠っていたのを思い出して、
さっそく作りました。
外出予定だったけど、寒くてね!!←甘い



これがノート。ラッピングして、マスキングテープでかざり、アルファベットシールで文字。
ノート、って・・・。



昨年のライブチケットや、イベントポスター、自分の写真など。

杉浦さんはかなりの「記録魔」だそうで、日記、お買い物日記、食べたもの日記、旅行日記、引越し日記、とにかくなんでも書くこと、が大好きなのだそうです。
お父上も、食べたものを記録していたとか。
そういやうちの父の手帳を覗き見たら、細かい字でびっしりと仕事の記録がされていました。母も家計簿に日記を書いていたし。ちょっと読みたい。
街を歩いていても、美しいもの、とっておきたいものがたくさん目に付くようになるとか。楽しみです。

わたしも近頃、クオバディスの手帳、自分の暮らしの日記と、家計簿、テーブル日記、レシピ帖、そのうちほしいもの、行きたい場所スクラップ、引越し作戦ノートなど、やたらに記録が増えてきました。
使っていないノートもなぜかやたら・・・。文房具屋に行くと、ノートがほしくて仕方なくなっていた。
最近は「あるでしょ!!」とおさえていますが。

ついでにお道具箱も作っちゃった。文房具入れというのか。妊婦ってひ〜ま〜。笑

作るの、とても楽しいので、お勧めですよ。









2011.02.15 Tuesday 09:31
book comments(0)
1/1PAGES

娘二人育児。他にもいろいろと。

Profile
NewEntry

CalendarCategoryCommentAchivesLinkFavoriteOther
Material by アップル*パイン  Template by a dear friend