スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2013.03.02 Saturday
- -
久々に冷えとりのこと
 いかにも「冷えとり!!」というほどにはやっていないのですが、
家の中が寒いので笑、靴下を二枚はいています。
あとはらまきとか、飲み物は温かいもの(今はルピシアのいもくりかぼ茶、ほうじ茶!ルイボスティーが秋の味覚風味に味付けされていて大変美味しいです)のみ飲む、
味噌汁にしょうがを入れる、これからの季節に湯たんぽを試してみようかな、などと考え中です。
「冷えとりガールのスタイルブック」もやっと読みました。は〜、おされですね。掲載されている方々の職業もなんだかおされです。笑

効果がどうのこうのはともかく、風邪をひいたときなどに、靴下をかさねばきしておくと安心します。
あとはイソジンでうがいして、トローチなめたりするくらいにしておいても、以前だったら発熱コースだったものが、平熱のままで、風邪が終息していくのです。

あと、生理痛がなくなった!まったくなかったです。

ちなみに、安産だったしね。ふふ。

赤ちゃんにも靴下をはかせるべきか??
とりあえず、靴下はまだはかせないで、おくるみや布団をかけたり、くるんだりするのはまめにしています。
女の子だし。

眼の使いすぎがなんとなく悪いというのもうすうす気づいてきました。

なんでかな?理由はわからないのですが。血行が悪くなることが近眼につながるということなのでせうか。近眼は遺伝だと思っていました。

わたしは小学生のころからめがねをかけるほどのド近眼で、しかもアトピーもち。風邪も冬になると大きいのを必ずひくというタイプでした。
しかも社会人になってから、タバコを吸っていた時期もあったのです。
当時は一人暮らしをしていました。
あるとき、岩盤浴に行ったら、すごく体があたたまることに幸せを感じて、
あたためること、に興味を持ち、当時は冷え性の本を読んだりしていました。

そういえば、昔から母親もガードルをはいたり、かならず衣服の下にキャミソールを着るようにしていました。
今思えばですが。

妊娠前に、やたらと水分をとることにこだわりだした時期があって、
今思えば「悪いものを出し切ってよいものをとりいれる」というような考えにつながりますね。
そして待望の妊娠。からだが、自然と「妊娠時期」を教えてくれたような、不思議な感じでした。このころ、また自然と靴下をはくようになったり、腹巻をするようになりました。あたためることが女性の体にとって大事ということに気がついてきたのでしょう。そして安産にも。

あたためると、悩みもなくなってしまうとか。短気や落ち込みがなおった気がします。
妊娠中はマタニティヨガもやっていました。ウォーキングも。自然とやっていましたが、なんというか、体が自然に良いことを探して動いてくれるというような感じがしました。
アーユルヴェーダやアロマにも挑戦していました。
そして、便秘も治ってしまったし、生理痛もなし。
それが冷え性や冷えとりの成果なのか、大人になったからなのかはわかりませんが。

妊娠中、夏は冷えとりのことをすっかり忘れていました。
そしたら、あるとき胃腸炎に。吐いて点滴。なにかおかしいなと思っていました。
それでたまたま産院で読んでいた雑誌に「冷えとり」のことが書いてあって、おしゃれな雑誌だったのもあって、やってみました。
正確には、「足首だけは絶対に冷やさないように!」という文章だったと思いますが。
だから夏でも、レギンスをはいて、靴下でした。家族が「暑苦しい!!」と言ってました笑
お腹が冷たいのも気になっていました。赤ちゃんが冷えているのかな??とか。そういうわけではないみたいなんですけど、やっぱり怖い。
冷えとりをやってみたら、なんだかいきなり、「出産大丈夫かな??」という不安から、落ち着いた気分になれたのです。これだけやっているから大丈夫だろ、みたいな?
もっと早くからやっていたら、もっと安産だったのかな?

それから、父親が入院したりして、西洋医学のやり方も、もしかしたら東洋医学につながっているのではないかとか、すごく思いました。病院にも腹巻があったりして、やっぱりあたためた血液が全身をめぐることがつまりいいことなんだろうと考えています。
マクロビは、お肉大好きなので、ちょっとNG。
玄米とか、ごまとかお豆は好きになりました。
あと岩塩をお風呂に入れて、長めにつかったりとか。肌もすべすべになります。

結局「冷えとり」を通じて、体調に敏感になったりとか、体を大事にしているという安心感とか、食べるものに気をつけるようになったりする心がけとか、そういう意識の変化が一番大きかったと思います。


今は母乳もあげているし、子供がいると、ことさら体調管理にはシビアになりますので。

うがい、手洗いといったシンプルなことも大事だと思います。心がけが、結局「病は気から」だし、健康を作り出している気がします。

ただし、あまりストイックにならないようにやろうと思っています。笑




2011.10.13 Thursday 09:55
health comments(0)
スポンサーサイト

2013.03.02 Saturday
- -
Comment





娘二人育児。他にもいろいろと。

Profile
NewEntry

CalendarCategoryCommentAchivesLinkFavoriteOther
Material by アップル*パイン  Template by a dear friend