スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2013.03.02 Saturday
- -
お風呂の楽しみ
秋です。お風呂の気持ちよい季節ですね。 
妊娠をきっかけに、お風呂に長くつかるようになって、その昔、吉沢深雪さんの本を読んで、楽しいお風呂ライフに憬れていたことを思いだしました。さっそく図書館で借りた、なつかしい、猫のイラストつきの「ハッピーバスタイム」。昔よりもずっと楽しく読めました。暮らし系は、この人の本、読みやすいし、とてもいいですヨ♪
 昔は実家の風呂だったので、まさか風呂に牛乳やら、食べ終えたみかんの皮を入れるわけにもいきませんでしたので、結婚してそこらへんの判断が自分でできるという喜びがあります☆たまに旦那さんに「え、なにしてんの??なんで乾燥したみかんの皮がこんなところに??」という顔をされたりもしますがね・・・。
 昔は、お風呂に長くつかるのが苦手で、「無駄な時間」に分類されていました。しかし、今はお風呂に長くつかりたいから、ほかの事をはやく終わらせようなどと考えています 笑

 入浴剤を探し始めたきっかけは、かわいい0歳児の子供もいっしょにお風呂に入っているので、いっしょにつかれる天然成分のみの安全な入浴剤はないかの〜、と思ったこと。
 入浴剤をいろいろそろえて、毎日好きな香りを選んで、なんていうおされな暮らしにも憬れていますが、そんなに入浴剤ばっかり買えないし、無添加って高いのよお!!というわたしが見つけたのがこちら。

湯の国 http://www.yunokuni.com/

 お風呂に関するコラムとか、いろんなお風呂情報が載っています。こちらで「みかん風呂」なるものや「しょうが風呂」など、要するに自宅にあるもので風呂に入れてもOKなもの、を見つけ、さっそくみかんの皮を集め始めました。ちょこっと貧乏くさいかしら??笑 
 そして溜まった5枚のみかんの皮。本当はお茶のパックに入れるらしいのですが、わたしはなんと三角コーナーのネットに入れて、口をしばって、お風呂にぽい。やっと、やっとみかん風呂に入れる!!
 んでもって感想は、一瞬みかんのいい香りがするのですが、顔を近づけるとおかしなにおいになってしまうのが残念だったこと、でもやっぱり、うわさどおりあたたまり効果も高い。

 古くから蜜柑湯の風呂に入ると「身体がよく温まり、風邪を引かない」といわれていますが、その果皮には、柑橘類特有の爽やかな香気を放つリモネンという精油成分が含まれています。リモネンは血行促進作用があるので、蜜柑湯に入るといつまでも身体は温かく、湯冷めしません。身体があたたまるため、寝つきもよくなります。 また果皮は、クエン酸やビタミンCも含んでいるので、美肌効果があります。甘く爽やかな香りを楽しみながら、美しくなれるのですから、女性にはうれしい風呂です。

だそうですよ!!!確かに、あったかいのですよ!!なが〜く。すぐお風呂って冷えちゃうけどこれはGOOD!

 なんか妙に、満足感もあって、やっぱり自分でためた皮ってところもいいのかな??!!次回は生姜か牛乳を入れたいところだけど、旦那様のブーイングがなけりゃいいな♪





2011.11.11 Friday 09:36
health comments(1)
スポンサーサイト

2013.03.02 Saturday
- -
Comment
karina 2011.11.2011/11/11 11:54
生姜風呂ぽかぽかになりそう!!
赤ちゃんにもOKってのがイイですよね♪
入浴剤はしばらく使えないと思っていたので参考になります☆
ありがとう~(*^^*)






娘二人育児。他にもいろいろと。

Profile
NewEntry

CalendarCategoryCommentAchivesLinkFavoriteOther
Material by アップル*パイン  Template by a dear friend